採用情報

国本司法書士事務所の魅力

登記業務に精通できる

司法書士として仕事をしていく上で大切なことは、「登記業務、特に不動産登記に精通している」ということだと考えています。遺言書作成をする場合、不動産があれば相続の後は登記申請を行いますので、登記を念頭に不備のない遺言書の文言を考えなければなりません。成年後見人として業務を行う中でも、不動産を売却する必要も出てきますので、登記さらには不動産の知識も必要となってきます。家族信託では不動産が信託財産になる場合が多くあり、そのため、信託契約に携わる司法書士として登記業務を熟知していることが非常に重要となってきます。

当事務所は、不動産取引の決済の立会だけでなく、相続登記さらに家族信託による信託登記といった不動産登記を数多く手掛けています。「一つ一つの案件を確実にきめ細かく」をモットーに、登記業務、特に不動産登記をしっかりと身に着けていきましょう。商業登記では、会社設立、役員変更、本店移転、増資、会社分割、吸収合併といった幅広い分野を担当しています。

案件を担当することで司法書士として成長していく

担当した案件では、実際の担当者がご相談内容のヒアリングから書類の調達、関係者への連絡、契約書等の作成、登記申請、そして書類の返却といった一連の流れを担うことになります。実際の手続きを自分の手と足と頭で行うことで、登記の技術面だけでなく、お客様の悩みや求めていることを知り、さらにお客様の喜びも担当した者として直接肌で感じることができます。分業制では決して得ることができない、やりがいや充実感を通じて司法書士として、社会人として成長していくことができるはずです。

相続、遺言、成年後見、そして家族信託

既存の登記業務だけでなく、新しい分野にも積極的に取り組んでいます。「相続」や「遺言」の業務は当事務所のこれからの主要業務と位置付けています。数は少ないですが「成年後見」「任意後見」の業務も行っています。特に力をいれているが「家族信託」の分野です。
神戸の司法書士でも、実際に家族信託の契約書作成に携わった司法書士は数少ない中、当事務所では家族信託のセミナーを自主開催し、家族信託のご相談から信託契約書の作成、信託口口座の開設、信託登記申請といった実際の案件を手掛けています。「神戸で家族信託といえば国本司法書士事務所」を目指して日々研鑽し全力で取り組んでいます。

求める人物像

一生懸命に仕事を頑張る人

最近、「楽しいこと、自分のやりたいことをする」という風潮があります。ですが、仕事ととなれば、辛い嫌な仕事もこなさなくてはならず、時には自分が望む仕事ではないこともあります。そんな時こそ「一生懸命に仕事を頑張る」ことで自分の限界を超え司法書士として大きく成長できるはずです。長い人生の中で「一生懸命に仕事に打ち込む」そんな時期があってもいいのではないでしょうか。
それは司法書士であっても、法務スタッフでも同じです。「小さな仕事でも、大きな仕事でも、真剣に向き合い一生懸命に仕事がしたい」。そんな想いの方を求めています。

相手の気持ちが想像できる人

どんなに一生懸命に仕事をしても、一緒に働いている仲間やお客様のことを考えていなければ仕事は成功しないでしょう。傍でそっと助けてくれる仲間のことを思いやる気持ち、そして、お客様に喜んでもらうにはどうしたらいいのだろうか、と相手の気持ちが想像できる方。そんな方と共に仕事ができれば嬉しいです。

募集要項

現在は募集しておりません